Classien高級老人ホーム・高齢者住宅検索サービス

MENU
お問合せ・お申込みはこちら > お電話でのお問合せは0120-849-221

墓じまいとは

墓じまいとは

墓じまいやお墓の引越しが話題になっています。地方の実家近くにお墓があるが親も亡くなり近くにお墓を守る人もいないために、自分の住む都会の近くにお墓を移したいなどのニーズによるものです。しかし、お墓には先祖の遺骨も入っており、お寺との関係もあり簡単にはいきません。墓じまいについて、気を付けなければならない点、メリット・デメリット、費用などを紹介します。

    墓じまいとは

    墓じまいとは、お墓の改葬のことで、現在のお墓を撤去し、遺骨を他の墓地に移転、あるいは永代供養墓地に改葬することを指します。遺骨が収まっていたお墓は更地にして寺院・霊園に返還します。

    墓じまいとは

    墓じまいが増加する原因

    墓じまいの検討者が増加していますが原因としては次のような点があります。

    ・生涯独身、子どもがいない夫婦などの事情により、お墓の承継ができない。

    ・子どもはいても女の子だけでお墓が承継できない。

    ・お墓が地方の実家近くにあり遠方で、墓守の人がお墓の管理が難しい。

    墓じまいの手続き

    墓じまいの一般的な流れを紹介します。

    ①現在のお墓の墓じまいについて家族や親類の同意を得る。

    お墓の承継者が自分の場合、故人の親戚がいれば勝手にやるわけにもいきません。家族や親類に事情を説明し同意を得ることが大切です。

    ②遺骨の移転先を決める。

    遺骨の移転先を決めます。移転先では次のようなものがあります。

     ア.他の霊園、寺院の一般墓地

     イ.住まいの近くなどの納骨堂

     ウ.住まいの近くなどの合祀型の永代供養墓

     エ.樹木葬

     オ.自然散骨

     カ.手元供養

    ③遺骨の受け入れ先となる新しい墓地・納骨堂と契約を行ったら「受入証明書」または「墓所使用承諾証」を交付してもらう。

    自然散骨、手元供養以外では必要となります。

    ④役所で必要書類を入手する。

    既存のお墓がある市区町村役所で「改葬許可申請書」「埋葬証明書」を入手し、必要事項を記入します。

    埋葬証明書は今現在ご遺骨を納めている墓地の管理者から発行されるものです。

    ⑤既存のお墓の管理者に墓じまいの意向を伝え了承を得る。

    了承を得たら、現在遺骨が埋葬されていることを証明する「埋葬証明書」への署名・捺印を依頼します。

    ⑥役所に書類を提出し「改葬許可証」を発行してもらう。

    記入を終えた「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」、および「受入証明書(墓所使用承諾証)」、を提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。

    改葬許可証は現在お墓のある市町村役場から発行されます。改葬許可証は、受入証明書と埋葬証明書が揃っていなければ発行出来ません。

    ⑦閉眼供養(魂抜き)をして遺骨を取り出す

    遺骨を取り出す際に、お経をあげてもらいます。

    ⑧墓石撤去工事

    墓地であれば墓石の撤去や移動などをおこない更地にもどす必要があります。既存墓地の管理者から撤去する石材店を指定されることもありますので確認が必要です。

    ⑨遺骨の移転先への納骨

    改葬の場合は、遺骨を移転する先の管理者から受入証明書を発行してもらい、墓地・納骨堂に「改葬許可証」を提出して納骨します。

    墓じまいの手続き

    墓じまいで気を付けること

    墓じまいをする際に気を付けなければならない点があります。

    (1) 家族、親せきへの相談と同意

    墓じまいを本当にするべきなのかを、家族・親せきなど墓参りしてくれる人とは相談し同意を得ることが必要です。何の相談もなく撤去してしまうと、快く思わない人も出てくるでしょう。

    (2) 寺院墓地の場合のお寺の同意

    寺院墓地の場合は檀家になっているわけで寺院にとっては顧客が減るという点でダメージがあります。そのため、今までお世話になった感謝の気持ちを持ち、改葬の事情について説明し理解を得ることが必要です。

    (3) 離檀料の必要性、魂抜き(閉眼供養、閉眼法要)と金額の確認

    お寺の住職と檀家を離れる離檀料の必要性と金額、墓じまいの際の魂抜き(閉眼供養、閉眼法要)についても聞いいておく必要があります。

    お寺の同意

    (4) 石材店とのお墓の撤去費用の確認

    お墓の改葬ではお墓を撤去し更地に戻さなければなりません。霊園・寺院に出入りの石材店を墓地管理者やお寺から指示される場合があります。紹介された石材店と打ち合わせ見積りを取ります。

    墓石の撤去代は次の項目に分けられます。

    ①石塔や石製品の解体撤去費用

    石塔、墓誌、霊標、灯籠、玉垣など、お墓はさまざまな石の部材の組み合わせでできています。これらの石塔や石製品を解体撤去します。石塔は大きさの相違がかなりあり多様です。

    ②石塔や石製品の処分費

    解体撤去した石塔や石製品は、産業廃棄物として処理され産業廃棄物運搬収集許可を得た専門業者に委託します。また、コンクリート基礎の解体・残土の処分・整地化石塔を解体します。

    ③重機回送費

    重い墓石の搬送ではさまざまな重機やトラックを用意しなければなりません。

    (5) 受け入れ先とのお墓の打ち合わせ

    必要な手続きと契約、費用などについて確認します。

    墓じまいのメリット・デメリット

    墓じまいのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

    (1) 墓じまいのメリット

    ・めったに行くことができないお墓の整理ができ負担がなくなること。

    ・お墓の管理費や檀家としての付き合いが無くなり出費が抑えられること。

    ・住まいの近くへのお墓の移転目的が多く、墓参り、お墓の管理がしやすくなること。

    (2) 墓じまいのデメリット

    ・親せきで墓じまいに反対意見のある人がいる場合は説得に手間がかかること。

    ・墓じまいをする費用がかかること。

    ・寺院墓地の場合はお寺の同意を得るのが簡単でない場合があること。

    ・寺院から多額の離檀料を要求されトラブルになる場合があること。

    墓じまいのメリットデメリット

    墓じまいの費用

    大きく分けて、墓所の返還に関わるもので、「墓石の撤去、墓所を更地にする費用」と遺骨の移転先に関わる「新規墓所(納骨先)の費用」がかかります。

    (1) 墓所返還時の費用

    ①墓石の撤去、墓所を更地にする費用

    1㎡あたり10万円〜15万円ほどが目安になります。墓石の大きさと数、墓誌や灯篭などの数などにより見積りが異なります。1坪(3.3㎡)であれば33万円~となります。

    ②今までのお寺への離檀料とお布施

    寺院墓地で檀家であった場合に離檀料が必要になる場合があります。目安としては、1回の法要で渡す額の2~3倍と言われ、年忌法要で5万円のお布施を出す家の場合10~15万円、8万円のお布施を出す家の場合は15~20万円となります。なお、離檀料には法的な根拠はなく、慣習として行われているに過ぎません。

    また、お墓を撤去し、遺骨を取り出す前に、お墓の閉眼供養を行います。手を合わせる対象だったお墓から魂を抜くことで、ただの石に戻すための供養です。このときに渡すお布施が必要です。お寺との関係性などにもよりますが3万円~5万円程度といわれています。

    ③墓じまい代行セットサービス

    代行業者で依頼できるのは、出骨・墓地解体工事・納骨、改葬手続きです。

    親族での話し合いや、お寺との交渉は直接自分で行う必要があります。

    また、代行業者によって、内容が異なるため事前にどこまで代行してくれるかを確認することが必要です。

    墓じまいに必要なa.行政手続き代行(提出代行)、b.お骨の取り出し、c.墓石の解体・処分、d.墓地を更地に戻す、e.お骨の受け渡しまで含みセットでやるところもあります。

    (例)イオン

    ~2㎡未満198,000円(税別)〜

    2~3㎡未満218,000円(税別)〜

    3~4㎡未満258,000円(税別)〜

    4~5㎡未満298,000円(税別)〜

    墓じまいの代行業者の種類

    墓じまいの代行をする業者の内容もはっきりしない場合が多いでしょう。スキマ的な分野のためです。代行内容も相違があり確認が必要です。

    墓じまいの代行業者として現在主になっているのは、

    ・墓じまいの行政手続きのみ代行する行政書士など

    ・遺骨の取り出し・墓石の解体撤去工事までを代行する石材店

    ・墓じまいに関わる一切の行程を全て代行する代行業者

    などです。

    寺院との交渉代行をやるところは多くはありませんが全くないわけではありません。墓じまいに伴いその寺院の檀家を辞める離檀を巡ってトラブルがある場合などは感情的なしこりがある場合もあり第3者の代行業者を通した方が解決に結び付く場合があります。

    (2) 新規墓所(納骨先)の費用とお布施

    永代供養墓、墓地、納骨堂の費用がかかります。

    また、新しいお墓への納骨費用、開眼法要費用が掛かります。お布施は数万円程度が目安です。

    (3) 費用の総額の目安

    墓じまいの費用の総額の目安は、撤去作業の内容やその後の納骨の仕方によって大きく差が開きますが、50万円~150万円程度です。

    墓じまいは自分たちのお墓の生前購入の問題でもあります。少子化によりお墓の承継者がいなくなる不安が拡大し、お墓の在り方も変化してきています。承継者がいなくなってもよいように合祀型のお墓が注目されています。納骨堂や樹木葬などです。また、お墓自体を作らない自然散骨の関心も高まっています。墓じまいは大きなお墓に関する時代変化を現しています。

    この記事を書いた人

    上田信雄

    上田信雄

    終活ライター、ビジネスライター、キャリアコンサルタント 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 理事 著書(ペンネーム上田信一郎)に、「“社畜”と言われようと会社は辞めるな!」角川マガジンズ角川SSC新書、「サードジョブ」講談社、「60歳からの仕事ガイド」実業之日本社、“現代「手に職」ガイド”実業之日本社 など多数。