Classien高級老人ホーム・高齢者住宅検索サービス

MENU
お問合せ・お申込みはこちら > お電話でのお問合せは0120-849-221

生前に考えておきたいお墓のこと

生前に考えておきたいお墓のこと

一般的に家の墓を継ぐ長男以外の子どもは、新たにお墓を建てるか配偶者のお墓に入ることが考えられます。生涯独身の人も増え、また、子どもがいないか、一般的に男の子がいない夫婦の場合は、自分でお墓を用意しておかないと親族に迷惑をかけてしまうことがあります。そのため、現代はお墓の承継者がいなくなることが大きな課題で生前墓が注目されています。生前にお墓を建てる意味やお墓の形態、費用などについて整理してみました。

    1、生前墓とは

    生前墓とは本人が亡くなる以前に前もって建てておくお墓のことです。墓地の中には、名前が朱色に塗られた墓石があります。これは生前墓でお墓にお骨が納められていないこと、つまり生前であることを示しています。生前にお墓を建てることは増え、非常識なこととは思われなくなっています。

    (1) 生前墓の由来

    中国史上最初の皇帝、秦の始皇帝の陵墓がアジアでは最初の生前墓と言われています。初の全土の統一を果たした始皇帝は、即位と同時に多数の人民を動員し自らの陵墓を完成しました。皇帝としての永遠の権力の誇示が目的と想定されます。日本でも古くは聖徳太子が生前墓を建てたと言われ、近年では東京都八王子市の皇室墓地に昭和天皇が生前墓を建て埋葬後、武蔵陵墓地と呼ばれています。「陵」は中国では古くから皇帝のお墓という意味で使われてきており、生前墓は寿陵と呼ばれてきました。

    仏教の教えでは生前に自分のために位牌や墓石を用意し、法事を営んで冥福を祈ることの功徳は大きいという考え方をとり、寿陵の寿の字からも、「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」の果報を招き、縁起が悪いものではなくむしろ良いものとする考えがあります。

    (2) 生前墓を建てる人が増えている理由

    生前墓を建てる人が増加している主な理由としては次のような点があります。

    ①残された身内にお墓のことで迷惑を掛けたくない
    死んだら自分では葬儀も納骨もできません。家族や親族の手を借りなければなりません。身内が亡くなった後、残された人達は葬儀と法要準備に追われ、その後も遺品整理や四十九日と納骨と追われ、墓地・墓石にまで手が回りません。そこで、生前に自分でお墓を建てておけば、残された人達の手間だけではなく、金銭面でも負担を軽くすることができます。少しでも残された人の負担を少なくしたいという配慮でしょう。

    ②自分が眠る場所なのだから自分らしいお墓で眠りたい
    家の墓に入るのではなく自分でお墓を用意しなければならないのなら、自分の納得のいくものにしたいという思いがあります。オンリーワンのお墓です。亡くなる前に周囲に自分の希望を伝えても、必ずしもそのとおりのお墓になるとは限りません。生きているうちに自分で思い出の場所や気に入った墓地の選択、寺院墓地・納骨堂などの形態の選択、墓石デザイン、墓石選択などの選択をすれば、自分の思いどおりのお墓に仕上げることが可能となります。

    ③お墓に眠る本人とお墓参りをする家族双方の意向を話し合える
    自分が生きているうちに家族や子供と相談しながらお墓選びをすれば、家族全体の納得のいくお墓を選ぶことができます。

    ④自分の入るお墓が決まっていれば安心してあの世へ行けると思える
    これらが生前墓を建てる理由として考えられます。

    (3) 生前墓を建てるメリット、デメリットとは?

    メリットには次のようなものがあります。

    ①じっくりと時間をかけて選ぶことができること
    年を取ってからお墓のことで悩みたくないことから元気なうちに十分時間をかけて納得のいくものを選ぶことができます。

    ②節税効果があること
    お墓は安くはないものも多く相続税や固定資産税の対象外になるので節税対策になります。

    デメリットには次のようなものがあります。

    ①公営墓地の申し込み条件で遺骨が手元にあることとする場合があること 
    生前墓の制限がある場合があります。また、遺骨がある人と生前の人の申し込み枠を別にして募集する場合もあります。生前墓地の申し込みの倍率のほうが高いのが一般的です。

    ②お墓を持つと管理費などの負担が発生すること
    納骨されていなくてもお墓を持つと管理費が発生します。おおよそ年間3,000円~2万円台です。寺院墓地の場合は別途檀家としての寺院へのお布施などの費用が発生してきます。

    ③墓石を建てる期限があること
    お墓の土地を押さえても建墓(けんぼ)期限が多くの場合あります。お墓の土地の永代使用権を購入してから墓石を建てるまでの期限のことで、通常建墓期限はだいたい半年~3年以内で、建墓期限が過ぎると墓地の使用権を失い支払ったお金も帰ってこないという可能性があるので注意が必要です。

    2.お墓の形態

    お墓も従来型の墓地霊園にあるものから、施設内の収納スペースのコンパクトなもの、自然に還るものなどがあります。

    ①墓地霊園

    従来型の地上の土地を区分したスペースで、墓石を建て骨壺を納骨したものです。永代使用型が通常です。年間管理費がかかるのが通常ですが一括前払方式もあります。

    ②納骨堂

    寺院、教会などの宗教施設内の屋内・地下スペースの中の、個別に区切られたスペースを使用し骨壺を納骨したものです。スペース形態からロッカー式、仏壇式などがあり、機械的システムの形態から自動搬送式などがあります。永代使用型が通常ですが期間契約型もあります。年間管理費がかかるのが通常ですが一括前払方式もあります。

    その他、合葬・合祀墓、樹木葬などのお墓の形態がありますが、合葬は「合わせて埋葬する」という意味で、合祀(ごうし)は「合わせて祀る(まつる)」という意味で、他の人の遺骨と一緒にする埋葬方法で土に還るかたちで地面に埋葬されるので生前墓には向きません。樹木葬は樹木の下に遺骨を粉末状にして地面に埋葬方法ですのでこれも生前墓には向きません。

    3.仏教式の場合の生前墓の問題点

    無宗教やキリスト教墓地ではありませんが仏教式での、しきたりとの関係も気になるかもしれません。

    (1) 開眼供養はする必要があるのか?

    基本的には誰も納骨されていないのですから、お墓としての開眼供養は本人が亡くなって納骨した時点でよいと思います。ただし、寺院の住職の考え方もありますので自分の考え方も伝え相談したらと思います。開眼供養を先にしてしまったほうが家族の負担が減るとも考えられます。

    (2) お墓参りは行く必要があるのか?

    誰も納骨されていなければお墓参りの本来の意味はありません。むしろ、自分自身の死を考える、今の生きている自分と向き合うという意味があります。お墓参りではなく、墓地・墓石のお掃除としてお墓に行くのが適切です。

    4.お墓の費用

    新規にお墓を建てるためにかかる費用は次のようなものから構成されています。

    ①墓地霊園

    イ.永代使用料
    墓地・霊園の墓地の場所代として基本的に子孫などの継承者がいる限り無期限で使用できるものです。他人に譲ったり転売することはできません。承継者がいなくなり管理費が払われなくなると無縁墓となり使用できなくなります。
    永代供養とは、遺族に代わって墓地・霊園が故人のことを永年供養してくれる形態のことです。
    面積が1㎡程度の区画の場合、10万円~150万円程度ですが、土地代を反映するために東京23区では面積によりますが100万円~200万円 程度まで上がります。価格からどうしても郊外圏にならざるをえない原因ですが、東京23区でも小面積化し価格を抑える傾向があります。

    ロ.墓石代
    墓石は石材店により作られ維持管理されます。墓石代の内容は、基本的な石材一式費と、石材加工費(家名、個人名・戒名、建立者などの基本彫刻料など)、工事費です。墓石の規模、石材の種類、彫刻の字数などにより異なります。全国平均で120万円~175万円ほどです。彫刻料は字数により異なりますが新しくお墓を作る場合は10万円以上、墓誌への彫刻は3万円~5万円程度です。上記の永代使用料と墓石代を含めた合計額の標準は200万円台です。都市部ほどまた立地の良いほど値段が高く、有名寺院は格式から値段が高くなります。当然面積の大きな墓地は高くなります。

    ハ.管理費
    墓地・霊園のお墓の基本的な維持管理に必要な費用です。共有スペースの維持費、清掃代などです。管理料が払われなくなると、事前に告知や継承者不明であればお墓に文書貼り出しが行われ、一定期間後お墓の使用権が取り消され合葬されます。年間管理費は公営の安いところであれば2千円程度からです。寺院・民間霊園では1・2万円台が多くあります。

    ②納骨堂

    大都市部で最近最も人気の形態です。スペースの小さい都市部の寺院などで多くあり、また不動産業者や石材店が寺院と提携する形で行っている場合もあります。価格は1基(1人分)30万円~90万円程度で、平均50万円です。複数人入れる家族方式になると価格もアップし100万円以上となります。年間管理費が必要な場合が一般的ですが管理費が不要な形態もあります。管理費が不要な場合は初期費用が高くなります。

    まとめ

    お墓の承継者がいない人も増え、承継者もいつまで続くかわかりません。子供に負担を掛けたくないという人も増え、よりコンパクトなお墓の形態への志向があり、それに合わせて費用も低価格化の傾向です。お墓の場所もめったに行けない遠隔地から、手軽にお墓参りのできる都市部や近郊に移ってきている傾向です。仏教式のお墓は従前の宗派は問われなくてもお墓に入る場合は新たに寺院の宗派の檀家になる必要があります。そのため、多くの場合、法要やお布施などの宗教者への費用が必要となってきます。

    この記事を書いた人

    上田信雄

    上田信雄

    終活ライター、ビジネスライター、キャリアコンサルタント 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 理事 著書(ペンネーム上田信一郎)に、「“社畜”と言われようと会社は辞めるな!」角川マガジンズ角川SSC新書、「サードジョブ」講談社、「60歳からの仕事ガイド」実業之日本社、“現代「手に職」ガイド”実業之日本社 など多数。